レバレッジの魅力

レバレッジの魅力

レバレッジを使うべきとき!

FXとは、主に、通貨を売買することで利益の獲得を目指す取引のことです。具体的には、円と米ドル、円とユーロなど、日本円と外国通貨を売買したり、場合によっては、米ドルとユーロ、米ドルとオーストラリアドルとのように、外国通貨間で売買を行う取引もあります。
また、取引の方法としては、FX会社に証拠金を預け入れ、その証拠金を上回る金額の取引を行います。
このため、外国為替証拠金取引ともいわれます。
そして、このとき、預け入れた証拠金と取引可能な金額との割合、もしくは、倍率が、レバレッジです。
具体的な金額の例で示すと、証拠金を10万円預け入れ、レバレッジを10倍に設定すると、100万円としての取引が可能となるわけです。
この場合、利益も10倍になる一方、当然、損失も10倍に膨れ上がります。
たとえば、レバレッジを設定しなければ、為替差益が1万円となる状況を想定した場合、レバレッジを10倍に設定していれば、その差益は10万円となります。
ただし、為替相場が、自分の想定とは逆方向に動き、未設定では、1万円で済んだ損失が10万円に膨れ上がることもあるワケです。
FX取引にて、レバレッジを使うときは、こうしたメリット、デメリットをよく理解する必要があるでしょう。

FXとは、主に、通貨を売買することで利益の獲得を目指す取引のことです。具体的には、円と米ドル、円とユーロなど、日本円と外国通貨を売買したり、場合によっては、米ドルとユーロ、米ドルとオーストラリアドルとのように、外国通貨間で売買を行う取引もあります。
また、取引の方法としては、FX会社に証拠金を預け入れ、その証拠金を上回る金額の取引を行います。
このため、外国為替証拠金取引ともいわれます。
そして、このとき、預け入れた証拠金と取引可能な金額との割合、もしくは、倍率が、レバレッジです。
具体的な金額の例で示すと、証拠金を10万円預け入れ、レバレッジを10倍に設定すると、100万円としての取引が可能となるわけです。
この場合、利益も10倍になる一方、当然、損失も10倍に膨れ上がります。
たとえば、レバレッジを設定しなければ、為替差益が1万円となる状況を想定した場合、レバレッジを10倍に設定していれば、その差益は10万円となります。
ただし、為替相場が、自分の想定とは逆方向に動き、未設定では、1万円で済んだ損失が10万円に膨れ上がることもあるワケです。
FX取引にて、レバレッジを使うときは、こうしたメリット、デメリットをよく理解する必要があるでしょう。