レバレッジの魅力

レバレッジの魅力

初心者が使うべき倍率を紹介!

レバレッジは、預け入れている証拠金と建てているポジションの額との比のことですが、FXでは、国内で20~25倍、海外では1000倍を超えるような取引ができます。
具体的には、国内で米ドル円を取引するには、1米ドル120円だとして、最低証拠金額が10万ドルあたり約60万円程度必要になります。100万円の証拠金を預けいれている時に、売り買いどちらでも良いのですが10万米ドルのポジションを建てますと、1円の為替レートの変動で10万円の損益になります。
利益が出ている時には何ら問題ないのですが、損失が出た時には証拠金から差し引かれますので、これがポジション維持に必要な最低証拠金を割り込みますと、追証(追加証拠金の預入)または、ポジションの(業者による)強制的な解消となります。
実際には、逆指値注文(ロスカット)を使ったりして、損が大きくなる前に自動的にポジションを閉じる「損切り」をするのが、FX取引の一つの技術なのですが、初心者ですと自ら損を確定することに抵抗があることが多いようです。しかし、証拠金を失ってしまっては、取引を続けることができませんので、「損切り」が上手に出来るようになるまでは、レバレッジの低い取引をするのが安全です。
100万円の証拠金で1万米ドルの売買でしたら、レバレッジも2倍程度で、10円の為替レートの変動で10万円の損益ですから、儲けは少ないと感じると思いますが、損切りを躊躇して損を出したとしても壊滅的になることはないでしょう。ならば、再度心機一転相場に参加できます。そうこうする内にFXで利益が出るようになってきたところで、徐々にレバレッジ倍率を上げてみたらいかがでしょうか。

レバレッジは、預け入れている証拠金と建てているポジションの額との比のことですが、FXでは、国内で20~25倍、海外では1000倍を超えるような取引ができます。
具体的には、国内で米ドル円を取引するには、1米ドル120円だとして、最低証拠金額が10万ドルあたり約60万円程度必要になります。100万円の証拠金を預けいれている時に、売り買いどちらでも良いのですが10万米ドルのポジションを建てますと、1円の為替レートの変動で10万円の損益になります。
利益が出ている時には何ら問題ないのですが、損失が出た時には証拠金から差し引かれますので、これがポジション維持に必要な最低証拠金を割り込みますと、追証(追加証拠金の預入)または、ポジションの(業者による)強制的な解消となります。
実際には、逆指値注文(ロスカット)を使ったりして、損が大きくなる前に自動的にポジションを閉じる「損切り」をするのが、FX取引の一つの技術なのですが、初心者ですと自ら損を確定することに抵抗があることが多いようです。しかし、証拠金を失ってしまっては、取引を続けることができませんので、「損切り」が上手に出来るようになるまでは、レバレッジの低い取引をするのが安全です。
100万円の証拠金で1万米ドルの売買でしたら、レバレッジも2倍程度で、10円の為替レートの変動で10万円の損益ですから、儲けは少ないと感じると思いますが、損切りを躊躇して損を出したとしても壊滅的になることはないでしょう。ならば、再度心機一転相場に参加できます。そうこうする内にFXで利益が出るようになってきたところで、徐々にレバレッジ倍率を上げてみたらいかがでしょうか。