レバレッジの魅力

レバレッジの魅力

レバレッジとは何か?

FXの世界では、外貨を購入する際の担保として、あらかじめ取引に使われる口座のなかに証拠金と呼ばれるお金を預け入れておくことによって、その証拠金の何倍もの金額を取引することが可能となっています。
レバレッジとは、このときの倍率のことをいい、少ない元手で大きな利益が得られるというFXの魅力のひとつになっています。
もともとは「てこの力」のことを指しており、軽い力を加えるだけで大きな荷物を持ち上げるさまになぞらえたものです。
例えば、1万円の証拠金に対して10倍のレバレッジをかけると、10万円分の外貨を購入することが可能になります。
1米ドルが100円の為替レートのときに1,000通貨を購入して、もし1米ドルが110円にまで上昇すれば、決済して購入時との差額の1万円の利益を手にすることになります。
ただし、為替レートが想定とは反対の方向に下落してしまえば、レバレッジをかけた分だけの損失を被ることになりますので、常に利益が得られるというわけではありません。
このようなリスクもあることから、わが国では金融庁の規制によって、国内のFX業者はレバレッジを最高でも25倍までに抑制するという取扱いがなされていますが、法人が取引をする限りにおいてはこの規制はありません。

FXの世界では、外貨を購入する際の担保として、あらかじめ取引に使われる口座のなかに証拠金と呼ばれるお金を預け入れておくことによって、その証拠金の何倍もの金額を取引することが可能となっています。
レバレッジとは、このときの倍率のことをいい、少ない元手で大きな利益が得られるというFXの魅力のひとつになっています。
もともとは「てこの力」のことを指しており、軽い力を加えるだけで大きな荷物を持ち上げるさまになぞらえたものです。
例えば、1万円の証拠金に対して10倍のレバレッジをかけると、10万円分の外貨を購入することが可能になります。
1米ドルが100円の為替レートのときに1,000通貨を購入して、もし1米ドルが110円にまで上昇すれば、決済して購入時との差額の1万円の利益を手にすることになります。
ただし、為替レートが想定とは反対の方向に下落してしまえば、レバレッジをかけた分だけの損失を被ることになりますので、常に利益が得られるというわけではありません。
このようなリスクもあることから、わが国では金融庁の規制によって、国内のFX業者はレバレッジを最高でも25倍までに抑制するという取扱いがなされていますが、法人が取引をする限りにおいてはこの規制はありません。