レバレッジの魅力

レバレッジの魅力

レバレッジが使えるわけ

FXにおけるレバレッジとは、取引会社にお金を証拠金として預けることで、証拠金の数倍から数百倍の取引ができる仕組みのことです。
つまり、レバレッジとは証拠金にかけるてこのようなもので、少ない資本で大きな取引ができるということを表しています。
通常では、レバレッジ〇倍、などという言い方をしています。
レバレッジをかけた取引が可能なのは、FXの差金決済という決済方法に理由があります。
通常の商品を売買するときのようにその都度決済するのではなく、取引で生まれた差額だけを決済します。従って、少額での取引が可能となります。
例えば、ドル円のケースで、1万ドル買ったとしても1ドル=100円として100万円を払うのではありません。あくまで、取引によって発生した金額だけを決済できます。
FX取引の場合は、取引手数料が無料の場合が多くスプレッドも狭いため、レバレッジ1倍の取引をすると低コストで通常の為替取引が可能です。
数倍から数百倍の取引の場合は、目論見通りにいけば大きな利益が得られますが、逆にいった場合には、まさにハイリスクとなり大きな損失がでてしまいます。
為替相場の少しの変動で、証拠金が減少し取引を継続することができまくなります。

FXにおけるレバレッジとは、取引会社にお金を証拠金として預けることで、証拠金の数倍から数百倍の取引ができる仕組みのことです。
つまり、レバレッジとは証拠金にかけるてこのようなもので、少ない資本で大きな取引ができるということを表しています。
通常では、レバレッジ〇倍、などという言い方をしています。
レバレッジをかけた取引が可能なのは、FXの差金決済という決済方法に理由があります。
通常の商品を売買するときのようにその都度決済するのではなく、取引で生まれた差額だけを決済します。従って、少額での取引が可能となります。
例えば、ドル円のケースで、1万ドル買ったとしても1ドル=100円として100万円を払うのではありません。あくまで、取引によって発生した金額だけを決済できます。
FX取引の場合は、取引手数料が無料の場合が多くスプレッドも狭いため、レバレッジ1倍の取引をすると低コストで通常の為替取引が可能です。
数倍から数百倍の取引の場合は、目論見通りにいけば大きな利益が得られますが、逆にいった場合には、まさにハイリスクとなり大きな損失がでてしまいます。
為替相場の少しの変動で、証拠金が減少し取引を継続することができまくなります。